Boldly Go...別館

アクセスカウンタ

zoom RSS STAR TREK: LEGACY 艦船ガイド mission 11-15

<<   作成日時 : 2007/01/01 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スタートレック レガシーに登場する艦艇の紹介。
今回は第11話終了以降に利用できる艦船を紹介する。

新スタートレックの時代

 The Next Generationにふさわしく、各艦は著しくパワーアップしている。シールドも厚くなっているため沈みにくく、いずれの艦も十分な戦力になる。
 ミッションが進むにつれ、イントレピッド級(U.S.S.Voyger)やディファイアント級を利用できるようになるが、思い入れ次第で。エクセルシオールを持っている人はエンタープライズB,C,D,Eと夢の艦隊を組むことができる、かもしれないw

第12話"Ambush"終了後にTNG時代に使用可能な艦船がすべて使用可能になる。


スカウト scout
 途中からノヴァ級が使用可能になるが、ロングレンジセンサーを使用する場面は第12話の"Ambush"くらいしかなく、あえて使う必要はないだろう。

画像

Nova class: 魚雷 前方1門 後方0門


デストロイヤー destroyer
ボーグ艦が多いTNG時代はこのクラスを沈めないようにしないとリカバリーがきつくなることがあるが、扱いやすい艦が他のクラスに増えているので、デストロイヤーに固執する必要は無い。コスト的にはスチームランナー級が優れている。遮蔽可能なディファイアント級は他の2艦よりすべてにおいて優れた性能を持つが、キャンペーンでは遮蔽装置を生かしにくい。またコストも高い。

画像

Norway class: 魚雷 前方3門 後方1門

画像

Steamrunner class: 魚雷 前方3門 後方2門

画像

Defiant: 魚雷 前方3門 後方1門


クルーザー cruiser
TNG時代にはバトルシップに主役を譲る。コストパフォーマンスの良いのはネビュラ級である。バトルシップに匹敵する性能を持つイントレピッド級は使い勝手はよいもの、やや打たれ弱く、戦線を維持しにくい。

画像

Akira class: 魚雷 前方2門 後方2門

画像

Nebula class: 魚雷 前方2門 後方2門

画像

Intrepid class: 魚雷 前方2門 後方2門


バトルシップ battleship
TNG時代の主役。特に最後のミッションは激しい戦闘になるので、2隻目のバトルシップを加えても良いかもしれない。意外とコストパフォーマンスは良い。

画像

Ambassador class: 魚雷 前方2門 後方2門

画像

Galaxy class: 魚雷 前方2門 後方2門

画像

Sovereign class: 魚雷 前方2門 後方2門


<買い物ガイド>
基本的にどの艦を買っても後悔はしない。ただTNG時代は艦のコストに比べ得られるミッションポイントが少ない(最大で8000しかもらえない)ので計算しながら艦を購入していかないとはまってしまうこともある。TOS時代の艦艇でも序盤は耐えられるが、うっかり沈められるくらいなら思い切ってTNG世代の3隻編成にしてみてもよい。

バトルシップはミッションごとにほぼ新しい艦に乗り換えることになるので、序盤は自分で買う必要はないが、最終話で2隻目を購入できるとかなり心強い(沈むときはあっさり沈んでしまうが)。


2巡目に極力自艦の補充、買い替えは避けてプレイしてみたが、全艦の買い替えが終わるのははやくても第13話前後になってしまうようだ。この場合は最終話の前に2隻目のSovereign classを購入可能である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
STAR TREK: LEGACY 艦船ガイド mission 11-15 Boldly Go...別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる