最近の私的万年筆事情

 昨年購入してしばらく使っていたシェーファーの万年筆を机の上から落としてしまい、ペン先をまげてしまいました。手で直してまた書けるようにはなりましたが、極太になってしまい、サイン専用ペンと化しています。

 仕方なく購入したのがラミーのサファリではなくアルスター。なんとなく安っぽい(=愛着もそれなり)のが気になりますが、いまではすっかり手になじんでいます。はじめは堅い書き味だったのが、多少ねばりがでてきたようです。パイロットの色彩雫を入れて使っています。すこしフローがよすぎる感じかな。

 そして、同時につかっているのが、ウォーターマンのクルトゥール・ライト・ソフト。蛍光色の黄でスケルトンの軸が特徴的なこのペンは昨年長野の文房具屋で偶然見つけたもの。アルスターよりもお気に入りですが、仕事に使うにはやや遊びっぽい雰囲気の強い一本ではあります。


 前橋のサティがそろそろ閉店になります。高額商品も投げ売り状態ですが、文具コーナーでデルタのドルチェビータの(たぶん)ミニがなんと半額で売られていました。ウェイだったら買っていたかも。ほかにはパーカーやウォーターマンの安めの万年筆がいずれも半額になっています。あんまり売れていないようだけど、前橋あたりだと万年筆熱はあまり高くないのかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック