ようやくWin7に乗り換え

 発売からしばらく経ったWindows7を購入し、アップグレードしてみました。自宅のDellのパソコンはあっけないくらい簡単にインストール完了。トータルで2時間弱くらいだったでしょうか。

 実際にしようしてみてもVistaとの違いはほとんど感じられません。起動時の重さも同じくらい。もっとも設定しだいで使用感もかわってくるのでしょうから、しばらくいじってみることにします。


 問題は実家にあったPCのインストール。富士通のパソコンですが、Cドライブが50GB、Dドライブが450GBという不思議な構成で、いきなり頭を抱えてしまいました。インストールには160GBないとだめなのです。もっともVistaはそのまま容量の構成を変更できるので(とネットで調べた、便利!)、まとめでCドライブ500GBに変更。
 よし、これでOK、と思ったのもつかの間、その後、実に10時間以上もvistaの更新を行う羽目になってしまいました、とほほ。原因は「service pack1が導入されていない」というもので、延々と更新ファイルをインストールして再起動、の切り替えしでした。
 これだったら外付けHDを買ってきてデータをバックアップして新規インストールのほうが早かったのになぁと、後悔後悔。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック