Boldly Go...別館

アクセスカウンタ

zoom RSS STAR TREK: LEGACY "Logical Conclusions" キャンペーン15

<<   作成日時 : 2006/12/28 02:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

スタートレック レガシー
キャンペーン 第15話 - The Next Generation Era
画像



"Logical Conclusions"

 トゥレルはDS9への侵攻を断念し、逃亡を始めた。連邦、クリンゴン、ロミュランに追われた彼女はあらゆる攻撃を無効化するフィールドを作り出し、さらに時空をゆがめ、ボーグ艦を次々に召還し始めた。

画像


 最後のミッションにふさわしい、激しい戦闘の繰り広げられるミッションで物足りなかった前の2ミッションとは異なり、かなり難易度が高い。

 Ent-E、ネビュラ級、スチームランナー級x2の構成でトライした。作戦が定まるまでは簡単に自艦を失ってしまい、かなり絶望的な気分にさせられた。それでも理不尽に敵が強いわけではなく、状況がわかってくるにつれ勝機がみえてきた。ここがこのゲームの魅力なのかもしれない。



<以下ネタバレ>

 あぶなくなったらすぐに逃げる。修理をしながら戦闘を続けられるミッションではない。

 まずスタート直後に前進しすぎないよう注意する必要がある。すこし前進するとムービーが挿入され、ボーグ艦(Obekisk)との戦闘が始まるが、この際、先頭を進むエンタープライズに攻撃が集中し、運が悪いとかなりのダメージを受けてしまう。序盤の時間のロスは状況をかなり不利にしてしまうので、戦闘直後に反転し、あまり北上しないようにしたい。

画像


 しばらく戦闘を続けていると、ロミュラン、クリンゴンの援軍が登場する。今までのミッションとは違って、この援軍はかなり心強く、ボーグキューブもたまに破壊してくれるようだ。そしてTactical Cubeが登場する。少しスタート地点で粘って可能な限りObeliskを破壊しておくとその後の展開が少し楽になる。

画像


 Tactical Cubeはマップ上北側から時計回りにゆっっくりと南下してくる。攻撃の際には一度マップの北東方向へワープし、余計なボーグ艦からターゲットされないようアプローチする。タイミング的には援軍がCubeに攻撃を開始した直後にこちらも攻撃を始められるようにしたい。ボーグ艦の例に漏れずシールドはないものの、このTactical Cubeはかなり硬い。自艦隊の4隻を自操作に切り替えながらすばやく光子魚雷で攻撃していこう。攻撃に気をとられていると知らないうちにトゥレル艦の近くまで移動してしまっていることがある。このあたりは敵が密集しているので集中砲火を浴びて回避が間に合わないことも多い。運がよければ緊急ワープ(shift+Q)が役に立つかもしれない?危ないと思ったときにはほとんど間に合わないが;

 次のターゲットはTactical Cubeを召還しているDiamondだ。それなりに硬いが破壊自体は問題ない。Diamondを1隻破壊できれば次の段階に進むことが出来る。なおDiamondは複数配置され、残しておくとCubeが複数召還され続けるので、見つけ次第、早めに破壊しておきたい。ちなみにRectangeeは後回しでも良いようだ。

 Diamondの破壊に成功するとピカードがU.S.S.Scottに言及し、ムービーが挿入される。ムービーまで少し時間があるので、危なかったら全艦隊を安全な宙域へワープで退避させておこう。まだ援軍は持ちこたえられるはずだ。

画像


 U.S.S.Scottは修理艦で距離300以内に接近し通信すると数秒間で修理をしてくれるため、この後は多少の無理ができるようになる。ダメージを受けたら積極的に修理を行おう。

画像


 U.S.S.Scottはトゥレル艦のフィールドを破壊できるセンサーポッドをもってきているので、トゥレル艦の上下に表示される白いボックスまでトラクタービームで移動させよう。1隻でも2隻同時でもよいが、この間にもなるべくボーグ艦を破壊しておきたい。移動がきちんと行われると自動的に配置は完了する。2個配置された時点で20秒のカウントダウンが始まる。この間に自艦隊を必ず退避させておいたほうが良い。

 ムービーが終わるとトゥレル艦が移動を始める。あとはトゥレル艦を破壊するだけなのだが、ここで不用意に接近すると、ボーグとトゥレル艦からの集中砲火を浴びてしまう。しばらくすると援軍は壊滅してしまうが、断続的に1隻ずつ援軍は登場し続けるので気にする必要はない。トゥレル艦はフィールドのあった位置からはあまり動こうとせず、ボーグ艦も同様にトゥレル艦のまわりをあまり離れようとはしない。まずはヒット・アンド・アウェイでボーグ艦の数を減らしていこう。

 ボーグ艦の数をある程度減らすことができたなら、あとは全艦でトゥレル艦を攻撃する。もしこの段階でエンタープライズとCruiser以上の艦が残っていなければかなり厳しい。Defiantは試していないのでわからないが、Ent+Steamrunnerx1(destroyer)では駄目だった。

画像


画像





 長かったキャンペーンもこれで終了、おつかれさまでした。クリア後にデータをセーブできるが、とくに特典はない、ようだ。ちなみにセーブデータはマイドキュメントのなかのSTLsaveというフォルダ。クリアデータを保存しておきたい人はどうぞ。

 カークの声に違和感を感じたが、たしかにウィリアム・シャトナーの声のようだ。声だけの出演だがシスコやジェインウェイも登場するTNG Eraは結構豪華な感じで楽しかった。

 シナリオ数としては少し少ない気もするが、カジュアルプレイヤー向けにはちょうど良いかもしれない。ゲームバランスは2,3のシナリオを除いてはちょうど良かったと思う。 むかしのスターフリートコマンドのような不親切さはなく、ミッションに失敗しても、失敗を繰り返すうちになんとか自力で解決策を見つけられ、この達成感が心地よいゲームだった。アドインで追加シナリオが出ないかな。

 いずれリプレイしてSSを取り直し、別HP(現在休止中)にまとめるかも、まとめないかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日(20080920)、やっと一通りクリアーしました。確かに、これに先立つ、ミッション13、14は楽でしたね。このミッション15も、1回目はついボーグの破壊に専念しすぎて、光子魚雷が枯渇し、無残な敗退を喫しましたが、ご指摘のとおり、さっさと砲台を配置してタキオンビームのスリーブ?を除去すれば、あっけなく終わりますね。USSスコットに修理に戻った瞬間にテュエルのバルカン船が沈んで、ちょっと残念な終わり方でした。Prima GuideにはUSSスコットで光子魚雷も補充してくれると書いてあるので、遠慮なくバンバン発射してたんですが、補充の方法が結局わかりませんでした。

ちなみに、隕石を破壊しまくる、
"Revelations" キャンペーン11
が、一番苦労しましたね。10回から15回はやり直したかも。それまでのミッションで、個別の艦隊運用をやってなかったのもあって、このミッションでその付けがまわってきたのかもしれませんが。

追加ミッション、販売してくれたらうれしいですね。2000円くらいだったら、間違いなく買いますけどね〜。
ぐるぐる
2008/09/21 18:39
そうそう、starfleet battlesも、どこかに眠っているんですよ。win2000で正常に起動しなかったように思うのですが、もし起動するようなら、再度やってみたいところです。もったいないことに、ミッションまったく手をつけてないですから。

ただあれは、ミサイル艦や、フェイザーを放つ小型戦闘機が強力で変でしたね。
また、光子魚雷を多数打ち込めば、シールドを低下させることができ、本来のスタートレックにおけるフェイザー、シールド、光子魚雷の関係とは、ちょっと違う関係だったような気がします。
ぐるぐる
2008/09/21 18:45
こんにちは。

USSスコットに修理してもらうときに一緒に弾薬も補充されたような気がしますが、どうだったかな.....

最近プレイしていないのでうろ覚えですが.....
BK
2008/09/24 19:36
2巡目、やってしまいました(暇人かもっしれません)。最終的に、
ソブェリン級×3、
ディファイアント×1
の構成で、ほぼMAXに近い構成の艦隊になりました。シナリオ14で18000(15000+3000)ものポイントが入るんですね。
シナリオ15では、ボーグ艦隊を全滅させてしまいました。

コメント不要です。
(すみません、言う相手がいないので、書いてしまいました。。。)
ぐるぐる
2008/10/05 23:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
STAR TREK: LEGACY "Logical Conclusions" キャンペーン15 Boldly Go...別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる