Boldly Go...別館

アクセスカウンタ

zoom RSS STAR TREK: LEGACY "BREAKWATER" キャンペーン2

<<   作成日時 : 2006/12/21 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Star Trek Legacy
キャンペーン 第2話 - Enterprise Era
画像


"BREAKWATER"


 第1話"THOSE IN NEED"で救助したバルカン人トゥレルの基地がロミュランからの攻撃を受けている。トゥレルが退避を完了するまで基地を守らなくてはいけない。

画像


 チュートリアルミッションであった第1話ののんびりムードとはがらっとかわって戦闘に次ぐ戦闘。プレイヤーはロミュランの波状攻撃を耐え切ることができるだろうか......

<以下ネタバレ>
 インターミッションで3隻目の艦船を加えることができる。ここは素直にbattleshipのYorktownかNX-01で良いだろう。第1話の成績次第ではU.S.S.Cotoを売却して4隻の編成にも出来るかもしれない。プレイしてみるとわかるが、必ずしもbattleshipがベスト、というわけでもない。旋回に時間を要する分、手数が少なくなってしまうのだ。ミッションの内容によっては各クラスをバランスを考えながら艦隊を編成する必要があるだろう。

<付記>U.S.S.Cotoがそのまま艦隊に加わったわけではなかったようだ; ここはやはりYorktownかNX-01を加えた3隻編成で十分だ。あとのミッションを考えるとbattleshipがベター。


 このミッションでの目的は2つ。ひとつはトゥレルの基地の防衛、もうひとつがシップヤードの確保である。

 基地までのアプローチ前後とシッップヤード修理後にロミュランの攻撃がある。シップヤード修理前の攻撃はいずれも問題なく対処できるだろう。


画像


シップヤードの修理は距離300まで接近し、上陸班を送り込んで修理しなければならない。転送は十字のマークをシップヤードに合わせて"F"キーを押してtransportを選択。転送してから修理が完了するまで時間がかかるが、修理完了まで待機している必要はない。


画像



 シップヤードの修理が完了すると自艦隊の船の修理と光子魚雷の補充をできるようになるが、ロミュラン側もに集まってくるので注意。

 しばやくすると第三波目の攻撃が始まる。基地を取り囲むようにロミュラン艦が出現するので、基地を攻撃しているロミュラン艦が放置されていないか注意する必要がある。基地を攻撃しているロミュラン艦を見かけたら手動でターゲットしてフェイザーで攻撃し、ターゲットをこちらに変えさせよう。

画像


 基地防衛に必要な時間は実時間で15分ほどだが、このくらいなら通常の修理(Rキー)で十分なはずなので、トゥレルの基地付近の戦闘に専念していればよい。もし艦隊の船が分断され個別攻撃を受けているようなら一旦ワープアウトして、味方のそばにまたワープで戻ってこよう。

画像



 お恥ずかしながらship yardの修理に必要な上陸班の転送の仕方がわからず、チュートリアルをやり直してしまった(つーか、マニュアル間違えてるよ..."G"keyじゃないじゃん)。修理したship yardは守る必要は無いので放置していても大丈夫。

...ということで、エピガイ風にしてみました:)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
STAR TREK: LEGACY "BREAKWATER" キャンペーン2 Boldly Go...別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる